神奈川県綾瀬市の介護職募集―訪問介護の求人ならさんしゃいんケアサービスへ | スタッフ紹介




スタッフ紹介イメージ

当初は、一人の障がい者の方の為だけに、福祉用具を作り始めたことが介護福祉に関わるきっかけでした。脊髄損傷で車椅子生活を送っていた友人から、『車椅子からベッドに乗り移る時に、ベッドと車椅子の間にスキマができて落ちそうで怖い』と相談がありました。それを自社開発で製作したのが、『車椅子サポートパーツ』です。車椅子からベッドに乗り移る時に落下してしまうというのが、車椅子の事故で一番多いとのこと。その原因の解決に少しでも役に立てるのであればと認可取得後、福祉用具販売貸与事業所を開設することになります。車椅子サポートパーツの製品実現に向かう最中、たくさんの障がい者の方や高齢者の方にアドバイスを頂き、大変お世話になりました。世の中にはたくさん、介護を必要としている方々がいることも、このとき初めて知りました。
ただ、この時の私は介護のことは何もわからなかったので、まずヘルパーの資格を取り、介護の勉強を始めます。そして『さんしゃいんケアサービス』の前身である『さんしゃいんヘルパーセンター』が誕生しました。
おかげさまで今では優秀なスタッフに恵まれ、共に喜び、共に悲しみ、共に乗り越えていける仲間とともに日々活動しております。
 
『たくさんの人に喜んでもらいたい!笑顔になってもらいたい!』
 
これが、わたしの原点です。
これからも周りのみなさまと共に輝いていける事業所を目指します!!


両親ともに要介護者で『介護』が身近にありました。
そこには人に言えない苦しみつらさがあり、また些細な喜びもあったりと『介護』というものが自分にとってのライフスタイルの一部でした。そんな折、同法人内「製造部」より介護福祉事業部へ転属。何か運命的なものを感じました。
サービスを受ける側からサービスをする側へと変わりました。
3年という時が経ち、今では『介護』が自分の人生の一部になっています。
「さんしゃいんケアサービス」は、みなさまを輝かす太陽のような存在であり続けることが使命だと考えております。そのために自分自身が成長し続け、強くならなければならないと考えております。「さんしゃいんケアサービス」で頼もしい仲間たちと共に成長し働いてみませんか?みなさまのご連絡をおまちしております。


10年間病院(一般病棟・精神病棟)でケアワーカーとして勤務。
訪問介護サービス提供責任者として6年の経験を持つ。
介護職として16年やってみて、転職を考える転換期は何度かありましたが、自分には、この仕事が向いてると感じ、介護の仕事以外は選択しませんでした。その中でも訪問介護に興味を持ち、病院や施設にはない在宅サービスでのやりがいを感じています。
長いキャリアの中で、今の会社は自分に対してしっかり評価をしてくれているのでそれに応えるために会社に貢献していきたいです。
「さんしゃいんケアサービス」は綾瀬市周辺では給与も高いですし、休みも取りやすい職場です。研修も充実しています。初めて介護をする方でも基礎から教えますので働きやすい職場だと思います。ベテランヘルパーさんの意見も通りやすい風通しのいい職場で、パートさんとの距離も近いと思います。
サービス提供責任者として、パートさんと話をし、「何につまずいているのか」「何に悩んでいるのか」「どうして欲しいか」など、常日頃からパートさんと話をするように努めてます。
どんな事でもいいので意見があればどんどん言ってきて欲しいです。ご応募お待ちしております。


介護の仕事を始めたきっかけはTVでの介護特集の番組を見たのがきっかけでした。「よし、自分もやってみよう!」と心に「ぽっ」と灯がつきました。その時の心境ですが、妙に心が晴れた気分になったのを今でも鮮明に覚えてます。
私は何よりも利用者さまとお話しするのが大好きです!!私にとって利用者さまから必要とされ「ありがとう」と言われるのが最上のご褒美です。
訪問介護は1対1でやるサービスなので責任もあるし、プレッシャーも感じます。ただ、それを乗り越えた時、達成感と自信につながり、自分自身の成長も感じる事ができます。
私は今、育児休暇を取らせてもらってます。「さんしゃいんケアサービス」は子供がいても働きやすい職場だと思います。福利厚生も充実しているので働くママさんにはいい職場だと思います。責任者も親しみやすくて、男性スタッフも多くて優しいイケメン揃いですよ(笑)


介護資格取り立ての新人ヘルパー

自分は手を抜かず全力でやる事をモットーとしており、負けず嫌いで不器用だけど、まっすぐな人間です。ポジティブ思考でもあり、根っからの体育会系人間です。職場は和気あいあいとしていて、わからない事があっても嫌な顔せず、やさしく教えてくれる先輩方がたくさんいます。先輩ヘルパーの温かい介助を見て泣いたこともありました。
自分も利用者さまが笑顔になってくれて、次もこの人に来てもらいたいと思っていただけるようなヘルパーになれるようにがんばりたいです。訪問介護は、施設とは違った色んな経験が出来ると思います。また、「さんしゃいんケアサービス」のような職場は中々ないのではないかと思います。


ガイドヘルパーから始めて訪問介護歴6年。
ただ今小学校教員になるために勉強中。

母がヘルパーをしており、母の背中を見て自分もヘルパーになりたいと思い現在に至ります。自分は今、小学校教員を目指し勉強しており、介護で培った経験を教育現場で活かし、子供たちに伝えていけたらと考えています。働き手からすると介護職のイメージはあまりよくない部分がまだまだあると思います。いまだに「つらい、汚い、安い」などいわれてますが、そうではないと、微力ながら伝えていけたらと思います。介護という仕事は、誰かのためになっている素晴らしい仕事です。


訪問介護歴3年になる。

僕にできる事は何だろうと考えた時に人の役に立てる仕事がしたいと思い、ヘルパーの仕事を始めてみました。実際仕事をしてみて、相手が受け入れ、認めてくれる事にやりがいを感じています。利用者さまと色んな話ができるのはすごく楽しいです。大変な事もあったけど、今では大事な思い出になってます。「さんしゃいんケアサービス」のスタッフさんはみんないい人だし、頼りになるし、働きやすいと思います。若い時って何やっていいかわからない時期だったりしますが、人の為に働いてみてもいいのではないかと思います。何もやることがなければ介護の仕事にまずは飛び込んでみて、人と交流する中で自分のやりたい事を見つけるもいいのではないかと思います。